装着手順及び装着時の注意

コンドームの装着手順勃起した陰茎の包皮を押し下げる。 コンドーム先端の精液溜り(小袋)をつまんで空気が入らないようにし、その状態のまま亀頭部に指で固定する。 コンドームを固定したまま、コンドーム周囲のロール状に巻いてある部分を押し下げ、陰茎に密着させながら包み込む。 ロール状に巻いている部分が陰茎の根元まで伸びれば完了。 装着時の注意点は次のとおり。

陰茎が十分勃起していない状態ではうまく装着できないので、十分勃起した後装着する。 コンドームを裏返しにすると装着できないので装着前によく確認する。 コンドームに爪などを立てない。微小な穴でも精液が漏れる場合がある。 装着時に陰毛を挟み込まないようにする。挟み込んだまま使用すると、陰毛が引っ張られ痛みを伴う。

射精すると陰茎の勃起は急速に解消し、陰茎は小さく柔らかくなるので、射精後の陰茎からはコンドームが脱落しやすくなる。射精後は、コンドームを被せた陰茎の根元を押さえコンドームが脱落しないようにして、膣から陰茎を引き抜くようにする。また、完全に勃起が解消してしまうまで陰茎を膣に挿入していると、膣から陰茎を引き抜いたときに精液が入ったコンドームを膣内に残してしまうことがあるので、射精後はあまり長く陰茎を膣内に挿入したままにしないようにする。精液を他に利用しないのであれば、使用後のコンドームは精液が流れ出さないよう入り口を強く結んでおくとよい。

同じコンドームは二度使用できない。通常、精液を水道で洗い流しても、精子や病原菌は完全にはとれないので、避妊や感染予防の効果は少ない。また、射精1回分の精液を受け止められるように作られているので、複数回の射精を一つのコンドームで行っても精液が漏出するおそれがある。